たかがお食い初め。

お食い初めはしなければいけないか?お食い初めをしたくない。

地域にもよると思いますがお食い初めの儀式を知らない人だって沢山います。
そもそも絶対にやらないといけないもの?
高価な魚にお赤飯に、、蛤に縁起物の鶴や瓶の形の煮物などなど食べ物だけでも揃えるものが多すぎ。
旦那は協力的ではなく赤飯も嫌い、煮物のほとんど食べないし。。。

おまけにこどもには食べさせる真似だけで食べさせない。
こんなに豪華な料理を用意しても食べる人もうちにはいないし。
だけど、だれにきいてもやるよ。やらない家なんてあるの?というこたえ。
100日がちかずくにつれて、やっぱりやらなきゃいけないのかな。という気持ちになってきました。旦那に相談しても、やりたくないならやらなくていいんじゃない。とのこと。

結局お食い初めはしませんでしたがお寿司を買ってきて100日おめでとうのお祝いはしました。でも用意すべきものや食べさせる真似はしませんでした。
過ぎたことですがなんだかモヤモヤがのこってしまってます。。。

きっときっと、そういう思いで用意しても楽しくないし何のために、、って思ってたでしょうし
用意しなくて正解だったとおもいます。

100日おめでとうで充分です。
きちんと意思があって用意してないわけですから。
だからそのモヤモヤは世間体(みんなやってるのに自分はやらなかった&みんなやってるから合わせるのが出来ない自分)のモヤモヤなだけです。

もしいろんな意見を聞いて後悔してるのならば今からでもおそくはないので自分のやってあげられる範囲でやってあげて下さい。

ここからは受け流して下さい。
私もお食い初めはやってもらってないです。
勿論記憶もないですし
食べさせる真似や歯固めの石、塗のお椀やお箸などなにもありません。

でも中学くらいのときでしょうか、子供の頃のアルバムを見ていたら
ケーキと自分が写っている写真がありました。
母にきくと100日目のお祝いにケーキを買ってきて撮ったのよ。と。
なんだかそれだけで嬉しい気持ちになりました。そして親にありがとうって思いました。

子供には当時の記憶としては残らないので、確かに[親の満足]に過ぎないのかもしれませんが、それプラス子供も何十年も後に満足することだってあると思います。
教科書どおりがすべてではありません。
それにこしたことは無いのかもしれませんが
私はその写真で両親の愛情の1つを得ました。

だから、いつものご飯でおめでとうでもその気持があればいつか伝わると思います。

120日目にリベンジお食い初めでもいいでしょうね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA